保安基準に適合したサイレンサー付マフラーの選び方

スポーツマフラー・サイレンサーにも色々とあるようですが、形式的な比較ではなくてもう少し実際的な情報を集めています。その方が現実的で役に立つことが多々あります。ここでは、「爆音すぎて困っている…」「サイレンサーが丸見えでキマらない…」「こもり音のせいでオーディオが楽しめない…」「車検で引っかかるかも…」などのポイントから、「保安基準に適合したサイレンサー付マフラーの選び方」について体験から会得したノウハウを示してゆきます。

サイレンサー付マフラーの選び方(問題点)
リアビューを極めるには必須ともいえるスポーツマフラー。しかしそのサウンドは「取付けてみるまでは分からない」というのが実際のところ。アイドリング時には心地良くても、回転数を上げると異常な音こもりが発生したり…。と理想的な重低音を追求するには、やはりサイレンサーは必須でしょう。サイレンサーの機能は消音ですが、せっかくの心地よい重低音までも消してしまい、シューシューと抜けるような違和感が気になってしまう事があります。

スポーツマフラーのサイレンサー(消音装置)は、グラスウールで消音するタイプが主流です。その内部には大量のグラスウールが入っていますが、構造上、排圧でパンチングの穴から吸音させるしか消音していません。つまり!消音される音域に限りが出てきてしまいがちなんです!

サイレンサー付マフラーの選び方(イチオシ・推薦)
スポーツマフラーのサイレンサー(消音装置)は、グラスウールで消音するタイプが主流です。その内部には大量のグラスウールが入っていますが、構造上、排圧でパンチングの穴から吸音させるしか消音していません。つまり!消音される音域に限りが出てきてしまいがちなんです!「もっと消音サイレンサー」 は大容量のグラスウールを使用し、直接排気音を吸音させるほか、サイレンサーのパイプ部で排気音同士を干渉させることで音量をセーブさせ、更に排気がパイプを通過すると同時にパンチングの穴からグラスウールへと音を逃がすという画期的な仕組み!

サイレンサーとは何か?
日本自動車マフラー協会

戻る



サイトの案内と免責事項 著作権とリンクについて