ストレスのない快適なネット環境

サービスエリア検索

電話番号を入力してクリックするとご利用になれるサービスの一覧が表示されます。(別ウインドウ)

--

速度で選ぶなら光

光とADSLの速度比較図

光ファイバー接続とは光ファイバーを家の中まで引込んだ光による高速通信。通信速度はADSLの最大50Mbpsをはるかに超える100Mbps!!ADSLとは異なり、上りの速度(お客様→インターネット)も同じく100Mbps!

光はこんな人にオススメ

  • インターネットから映画を見たい人
  • ストリーミング動画が不安定な人
  • 今の回線が遅いと思っている人

光の詳細を見る

価格で選ぶならADSL

ADSLは1,032円安い

ADSLとは一般加入電話で使われるメタリックケーブルを利用した高速インターネットサービス。速度はISDNの約781倍の最大50Mbps!導入も手軽で価格も他のインターネットサービスに比べ、最もお手軽です。

ADSLはこんな人にオススメ

  • ダイヤルアップでインターネットをご利用の人
  • 光が提供エリア外の人
  • 手軽にインターネットをしたい人

ADSLの詳細を見る

パソコンがテレビに

速度はダイヤルアップの700倍以上

スポーツやライブの生中継、懐かしのアニメ一挙放送などコンテンツも充実し、ますます楽しくなったストリーミングサービス。
しかし、これらのコンテンツを存分に楽しむにはストリーミングの特徴から最低でもADSL程度のブロードバンド環境は必須となります。
なお、光なら高画質で快適なストリーミングサービスを楽しむことが出来ます。

ADSL乗換ガイドを見る

IP電話でもっと便利な生活を

IP電話とはご利用中の電話機がそのまま使えて難しい設定も一切不要!それだけで加入者同士の通話が無料など電話代がおトクになる次世代電話サービスです。(光・ADSL共通)

こんなとき便利!

例えば遠く離れている家族・友人、遠距離恋愛中の恋人に電話をかけるとき。IP電話は加入者同士なら通話料が無料なうえに一般加入電話への通話も全国一律なので市内通話をする感覚で(実際には市内通話より安い)気軽に電話できます。

サービス一覧

KDDIメタルプラス Yahoo!BB
BROAD-GATE01 OCN ADSLセット Bフレッツ フレッツADSL


光ファイバーは、ガラスやプラスチックの細い繊維でできている、光を通す通信ケーブルのことです。非常に高い純度のガラスやプラスチックが使われており、光をスムーズに通せる構造になっている。通信を行なうには、コンピュータの電気信号をレーザーを使って光信号に変換し、できあがったレーザー光を光ファイバーに通してデータを送信する。マルチモードとシングルモードがあるが、より広帯域な通信が可能なのはシングルモードの方。

価格.COM OCN光 @nifty
今まで、表示できていたホームページがある日突然に表示できなくなった。最近、そんな問い合わせが多いですね。考えられる原因としては、驚速やNinjaなどの通信速度を高速化するソフトを使っていたことが多いです。この手のソフトでは、過去の低速な環境やテレホーダイの時間帯でインターネットが混雑して環境で、通信手順を省いて、高速化を行う目的で、DNSキャッシュ機能が使われている。このDNSキャッシュがクセモノで、最近のようにIPの切替が頻繁に行われる場合には、DNSキャッシュが正常に機能しなくなり、ホームページの閲覧に支障が出る場合があります。
プロバイダー比較 ブロードバンドオールナビ
最近、Vistaに変えてからというもの、画面表示が遅くて困っていたのですが、やはりAeroをオフにすると効果があるようです。Windows Vistaの基本的な外観はそのままに、「Aero」だけをオフにする方法としては[スタート]→[コントロールパネル]→[デスクトップのカスタマイズ]→[個人設定]→[視覚デザイン]で、[Windows Vistaベーシック]を選択…基本的にはもっと高性能なパソコンを購入するのがよいのですが、この方法でもかなりの効果はあります。高速なブロードバンド回線をゲットしてもパソコンが遅いのでは威力を発揮できませんから…

 光ファイバーの死角  ADSLの問題点
パソコンの通販で失敗しない ブログ用のレンタルサーバー

 戻る